ホーム メール 印刷用
写真
写真
translate

科学的貢献


JARPA/JARPAII/NEWREP-A

2016年12月 JARPA・JARPAII・NEWREP-Aによる科学的貢献(PDFファイル)


南極海鯨類捕獲調査(JARPA)は特別許可の元で、1987/1988年から2004/2005年まで南半球における夏の時期に行われました。 このJARPA調査は次の4つの主な目的がありました:a)南半球産ミンククジラの資源管理を改善するための生物特性値の推定、b)南極海海洋生態系における鯨類の役割の解明、c)鯨類に及ぼす環境変動の影響の解明、及びd)南半球産ミンククジラ資源管理を改善するための系群構造の解明。


国際捕鯨委員会の科学委員会(IWC SC)がこのJARPAの成果を検討するため二回にわたってレビュー会議を行いました。 1回目は1997年(中間レビュー)で、2回目は2006年12月(最終レビュー)に行われました。それぞれのレビュー会議報告書はこちらにあります:


http://www.icrwhale.org/Tokubetsukyoka.html (中間レビュー)

http://www.icrwhale.org/pdf/SC59Rep1.pdf (最終レビュー)


第二期南極海鯨類捕獲調査(JARPAII)は2005/2006年及び2006/2007年の時期に予備調査として着手され、最初の本格調査は2007/2008年の時期に開始しました。 このJARPAII調査には次の主な目的があります: a)南極海海洋生態系のモニタリング(鯨類資源量動向及び生物特性値、オキアミ資源量及び鯨類の摂餌生態、鯨類に及ぼす汚染物質の影響、鯨類生息環境)、b)鯨類間の競合関係モデリング及び将来における資源管理新規目標(鯨類間の競合モデル構築、鯨類資源生態系の回復を含む資源管理のための新規目標査定)、c)鯨類資源構造における時期的・空間的変動の解明、及びd)クロミンククジラ資源の資源管理方式の改善。


国際捕鯨委員会の科学委員会(IWC SC)がこのJARPAIIの最初の6年間(2005/2006年〜2010/2011年)に得られた科学データ及び成果を検討するために2014年2月にレビュー会議を行いました。 このレビュー会議報告書はこちらにあります:


http://www.icrwhale.org/Tokubetsukyoka.html


南半球の2015/16年夏季から、日本は12年間に及ぶ新南極海鯨類科学調査(NEWREP-A - ニューレップ・エイ) と呼ばれるプログラムを開始しましたが、このNEWREP-A計画は次の2 つの主目的で策定されています:a)RMP(改訂管理方式)を適用したクロミンククジラの捕獲枠算出のための生物学的及び生態学的情報の高精度化およびb)生態系モデルの構築を通じた南極海生態系の構造及び動態の研究。


NEWREP-A調査の最初の 6 年間が終了した後、そのレビューが実施される予定となっています。


JARPA/JARPAII/NEWREP-A調査の科学的貢献

JARPA/JARPAII/NEWREP-A調査の科学的貢献は色々な形態で行われています。 これらは、国際捕鯨委員会の科学委員会会議やその他国際機関の科学会議に提出される科学論文、査読制度を持つ科学雑誌への掲載論文や科学討論会における口頭発表になります。


以下の表はJARPA/JARPAII/NEWREP-A調査による国際捕鯨委員会科学委員会(IWC SC)等提出論文、査読制度雑誌掲載論文及び科学討論会における口頭発表の年別の件数を示します。


IWC SC等提出論文 査読制度雑誌掲載論文 科学討論会口頭発表
1988 0 0 2
1989 3 2 6
1990 6 8 5
1991 4 9 5
1992 4 2 6
1993 4 7 7
1994 9 3 7
1995 9 3 11
1996 6 7 7
1997 27 3 4
1998 5 7 2
1999 12 4 6
2000 12 5 10
2001 6 3 15
2002 7 6 15
2003 9 5 22
2004 2 8 14
2005 8 6 21
2006 44 9 12
2007 11 7 6
2008 5 4 8
2009 5 2 8
2010 3 14 1
2011 4 1 3
2012 3 1 3
2013 6 6 0
2014 43 3 6
2015 3 2 1
2016 7 2 2
Total 267 139 215

JARPA/JARPA II/NEWREP-A調査の成果としての国際捕鯨委員会科学委員会会合資料及びその他会議資料や査読制度雑誌掲載論文のリストは付録1にて年別示されています。 査読制度雑誌掲載論文はアスタリスク(*)で印されています。 これら論文の筆頭著者が外国科学者であるほとんどの例は、当研究所との調査データ提供依頼によるか共同研究合意の元で行われたものです。 一部のケースでは当研究所との正式な契約が無いまま、海外科学者がその解析や論文作成にJARPA、JARPAIIまたはNEWREP-A調査の発表データを使用している例もあります。 これらの例は(&)の印しで示されています。


致死的または非致死的調査の標本・データを用いた科学資料及び掲載論文

付録1のリストでは該当する論文が致死的調査データによるものか非致死的調査データによるものかを区別できるよう、また、筆頭著者は邦人か日本人以外の科学者かどうかが判るよう、文献引用の後部に赤色略字で印されています。 これらの部類にはレビューペーパー、コメントペーパー等が含まれていません。 以下の表ではそれら略字の説明の概略を示します。


L-J L-F NL-J NL-F L,NL-J
177 36 98 21 43

注意:L-J=致死的調査データ、邦人科学者による科学資料または掲載論文。 L-F=致死的調査データ、邦人以外の科学者による論文。 NL-J=非致死的調査データ、邦人科学者。NL-F=非致死的調査データ、邦人以外の科学者。 L,NL-J=致死的及び非致死的調査データ、邦人科学者。 後者にはクルーズレポートや一部の、致死的調査及びバイオプシー標本採集に基づいた遺伝学的分析が含まれています。 「邦人・邦人以外」の分類は論文の筆頭著者の国籍に従って示されていますが、当研究所所属外国人研究者一名は例外的に「邦人」の分類に含まれています。


大学(卒業・学位)論文

JARPA/JARPAII/NEWREP-A調査の標本・データは大学卒業論文、修士及び博士論文の作成に使われる場合があります。 下の表では年別の類別件数を示しています。


卒業論文 修士論文 博士論文
1993 1
1994 1 1
1995 1 1
1996 1 1
1997 3
1998 1 1
1999 3 4 1
2000 1
2001 2
2002 5 1 3
2003 2 2
2004 2 1 2
2005 1 5 2
2006 1
2007 2
2008 2
2009 1 3
2010 1 1 1
2011 1 1 2
2012 1 1
2013 1
2014 1
2015
2016 1
Total 24 30 16

その他の科学的貢献

JARPA/JARPAII/NEWREP-A調査の標本・データは専門書の一部内容の他、当研究所季刊誌鯨研通信及び水産資源管理談話会報の刊行物にも使われています。


また、展示用の鯨骨格などJARPA/JARPAII/NEWREP-A調査で採集された生物資料が自治体資料館等に提供された例もあります。


データの入手及び可用性

JARPA/JARPAII/NEWREP-A調査で得られたすべてのデータ及び標本は規定のデータ入手規約に従い、国内外の科学者集団によって入手可能になっています。 付録2では国際捕鯨委員会科学委員会で合意された当研究所のデータ・アクセス・プロトコルを示します。 このデータ・アクセス・プロトコルは国際捕鯨委員会科学委員会のウェッブサイトにも確認できます。

Valid XHTML 1.0 Transitional