ホーム メール 印刷用
写真
写真
translate

科学的貢献


国際学会への最近の貢献


日鯨研の科学者はIWC以外の次の科学会議に参加し、貢献しています:

平成28年度日本哺乳類学会
(2016年9月23日-26日, 筑波大学, 茨城, 日本)

田村 力. 2016. 鯨類の食物消費量推定. 自由集会“鰭脚類の食物消費量算出に向けて”.


PICES W6 Workshop 'Consumption of North Pacific forage species by marine birds and mammals'
(2016年11月2日-3日, Shangri-La Hotel, San Diego, USA)

Sasaki, H., Tamura, T., Hakamada, T., Matsuoka, K., Murase, H. and Kitakado, T. 2016. Spatial estimation of prey consumption by common minke, Bryde's and sei whales in the western North Pacific: A preliminary attempt.


PICES W6 Workshop 'Consumption of North Pacific forage species by marine birds and mammals'
(2016年11月2日-3日, Shangri-La Hotel, San Diego, USA)

Tamura, T., Hattori, K. and Goto, Y.. 2016. Seasonality & decadal changes in marine mammals: - What time of year and what year or decade to target for diets and abundance ? -.


電磁界理論研究会
(2016年11月17日-19日, 白浜古賀の井リゾート&スパ, 和歌山, 日本)

村瀬弘人, 田村 力:鯨類資源調査・研究における電磁波の利用


第7回極地科学シンポジウム ポスタープレゼンテーション
(2016年11月29日-12月2日, 国立極地研究所, 東京, 日本)

村瀬弘人, 北門利英, 田村 力, 米崎史郎. 2016. An attempt to model marine ecosystem of the Indian sector of the Antarctic using Ecopath(Ecopath を用いた南極海インド洋区における生態系モデリングの試み).

Valid XHTML 1.0 Transitional