ホーム メール 印刷用
写真
写真
translate

水産庁補助事業「持続的利用調査等事業」に係る公募について


本事業への応募を希望される方は、公募要領に従いご応募ください。

詳細につきましては、公募要領をダウンロードの上、ご確認ください。


令和2年度において、一般財団法人日本鯨類研究所が実施する水産庁補助事業「持続的利用調査等事業」のうち、「鯨類科学調査」における成果の発信や鯨食文化等の広報事業を実施するに当たり、高度な技術的知見の活用や、複数の事業者等との調整等、当研究所が単独で実施が困難な事業の一部を委託事業として、参加者を募集します。


1.趣旨

我が国が推進する科学的根拠に基づいた海洋水産資源の持続的利用についての情報発信を行い、国内外の理解を深めるとともに、鯨食普及を含む捕鯨文化の維持・振興を図ることを目的とします。


2.事業内容(以下の分野毎に応募してください)

1)マスメディアやWEB、イベント等を通じた持続的な捕鯨や鯨類科学調査、鯨関連文化等に関わる情報発信(画像、動画映像制作、刊行物、座談会、シンポジウム等を含む)

2)児童・生徒・学生を対象とした海洋水産資源の持続的利用、捕鯨や鯨に関する出張授業等の開催

3)鯨食にゆかりのある地域を中心とした調査結果や捕鯨文化等の発信に関する小規模イベント・展示等の開催

4)鯨食にゆかりのある地域を中心とした一般向けの鯨料理教室及び、栄養士等向けの鯨料理教室の開催

5)上記1-4を除く本事業の趣旨に沿った取り組み


3.事業実施期間

契約日から令和3年3月31日までに完了することが必要です。


4.総事業費(全体予算額)(消費税及び地方消費税を含む)

100,000,000円以内


5.募集期間

令和2年6月11日から12月10日まで

  

第1次募集:令和2年6月30日(火)

第2次募集:令和2年7月31日(水)

第3次募集:令和2年9月15日(火)

第4次募集:令和2年10月30日(金)

第5次募集:令和2年12月10日(木)


6.応募資格及び応募方法

募集期間中に公募要領に基づき提案書類を作成し、7の提出先に提出してください。

公募要領は別添を参照してください。

公募要領 : (wordファイル)(pdfファイル


7.提出・問い合わせ先

〒104-0055

東京都中央区豊海町4-5 豊海振興ビル5階

一般財団法人日本鯨類研究所 広報室 (担当:大曲・ゴメス・久場)

電話 03-3536-6523/6527/8227

メール:webmaster@icrwhale.org


Valid XHTML 1.0 Transitional